読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

logP

日記なの?情報ブログなの?着地点わっかんねえな・・・

新しい趣味としてガンプラがおすすめな件

おすすめ おすすめ-趣味
スポンサードリンク

どうも坂口です。

皆さんガンダムってご存知ですか?

このページを見てくださっている方に対して愚問だと思うんですが

あのモビルスーツっていうロボットみたいなのに乗って戦うやつです(雑

いろいろな作品ありますよね。

ファースト、ゼータ、ダブルゼータ、SEEDとか

さて、そのガンダムのプラモデルをガンプラとよぶんですが

そのガンプラが新しい趣味を始めたいと思っている方にぴったりだと思うんです。

なぜ、新しい趣味としてガンプラが適しているかと言うと

初期費用が安い

昔より作りやすくなっている

かなり深くまでのめりこめる

この三点があります。

初期費用が安い

ガンプラと言うものは出来を気にしなければ

初期投資がかなり安く出来ます。

ちょっと考えて見ましょう。

シリーズ中で最も安いシリーズがファーストガンダムだと思うので

そのファーストガンダムを作るとしましょう。

まず、ガンプラ本体

 

こちらがアマゾンで724円(以下、価格は2016/09/23現在)

出来は気にしないといってもニッパーくらい買っておきましょうか

 

セットのほうが安いのでセットを買うとしましょう。

こちらが577円

と、いうことは

初期投資としてはあわせて1301円で済みます。

地球連邦軍よりジオン公国軍が好き!

と言う方は

ズゴックなんかいかがでしょうか?

 

こちらはアマゾンで462円です。

初期投資は1039円で済みます。

この通り1000円強の投資でガンプラの世界に入ることが出来るんです。

昔より作りやすくなっている

昔のガンプラって

色分けがされていなかったり

接着剤が必要だったりしたのですが

今はほとんどのキットが色分けされており

接着剤もほぼ必要ないものとなっています。

これは多色成型技術の「いろプラ」や

接着剤不要なスナップキットの登場などによる技術の進化によるものです。

ちなみに単色成型で接着剤を使うものも販売されているので

選ぶときは注意してくださいね。

かなり深くまでのめりこめる

ガンプラを作っていると

だんだんいろいろなことが気になってきます。

ただ組み立てていることを素組みと呼ぶのですが

その状態だと

合わせ目の段が気になる

溝も同じ色で立体感がない

などさまざまな部分が気になってきます。

合わせ目というのはパーツのあわせた部分のことです。

これを消すには「合わせ目消し」という方法があります。

さまざまなサイト様で方法は紹介しているのでここでは割愛します。

個人的にはこの合わせ目に流し込み接着剤を流しいれる方法がおすすめです。

 

さて、溝には立体感を出すためにも「スミいれ」と言う方法があります。

方法は何種類かありますが

こちらもさまざまなサイト様で紹介しているので割愛させていただきます。

ただ、個人的におすすめなのはエナメル系の塗料を流し込み、はみ出た場所をエナメル系塗料用の溶剤を用いてふき取る方法ですね。

 

 

などなど気になっていることを改良したい!

と思っているとどんどんのめりこんでいきます。

最終的にはエアブラシとブースを買うことになると思います笑

こんな感じにはまっていけるのもガンプラのいいところですね!

自分は筆塗りしかしたことないですが

最後に

このようにガンプラはさまざまな観点から見て新しい趣味として適していると思います。

ガンダムを見ていた人も見ていなかった人にもおすすめです。

ガンプラから戦車や車のプラモに進む人もいるみたいですし

ガンプラの難易度の高いものに進まれる方もいるみたいです。

プラモ初心者の方はHGUCシリーズの低価格のものがおすすめですね。

たいてい組み立てやすいものが多いです。

是非皆さんもガンプラをはじめてみてくださいね!

広告を非表示にする